衛生面に十分に気を配っている

歯医者で治療を行う、人の口の中というのは、考えるよりもかなりデリケートな場所です。病院という時点で、少なからず衛生面には気を遣っているはずですが、特に歯医者では、細心の注意を払っていなくてはなりません。待合室のテーブルや床、トイレなどを見ただけでも、その医院がどの程度衛生面に気を遣っているかが、分かるかと思います。他にも、機器はきちんと滅菌しているか、手袋やコップは使い捨てのものを使用しているかなどをしっかりと観察して、その医院に通い続けるべきかを判断するようにしましょう。

治療の前にきちんと説明がある

治療の説明には、多くの時間を要します。だからこそ、時間や効率だけを見て治療を行っていると、患者さんに詳しい説明を行うことを忘れがちです。一番ベストなのは、説明しながら患者さんの声にも耳を傾け、質問にも丁寧に答えてくださるお医者さんです。また、メリットだけでなく、デメリットやリスクまで、しっかりと治療の説明をした後、実際に行う前に本当にその治療方法で良いか、了承を求めてくださるお医者さんは、信用できるでしょう。

先生や看護師さんの人柄が自分に合っている

「病院は病気を治すだけの場所、歯医者は歯を治すだけの場所なので、お医者さんや看護師さんと良い人間関係を築く必要はない」と考える人も少なくありませんが、実際はそうとも言い切れません。確かに無理に仲良くしたり、必要以上に話したりする必要はありませんが、ストレスの少ない治療を行うためにも、ある程度の親しい関係性は作っておく方が良いでしょう。その方がより素直に歯の不安を打ち明けることのできるほか、あまり緊張せずに診察してもらうことができます。

恵比寿の歯医者では、痛みを徹底的に排除してくれる治療を行ってくれるので痛みに敏感な人も安心して治療を受けられます。