血液クレンジング療法で行うこととは?

血液クレンジング療法とは、オゾンガスを用いて行う様々な治療方法の総称なのですよ。大量自家地オゾン療法では、100~200CCの脱血した血液にオゾンガスを混合して、血液をオゾン化させて身体の中に戻すという治療方法なのですよ。身体を良好な状態にすることで、病気などにもなりにくくなると言われているのですよね。長生きにも効果があるとされています。特に、近年、ヨーロッパ地方で注目を浴びている治療方法ですね。

オゾン療法の効果とは?

ヨーロッパでは、頻繁に取り入れられている療法です。B型肝炎やC型肝炎の治療法として知られています。また、HIVのウイルスの増殖を抑えるためにも使用されている療法です。狭心症や心筋梗塞にも効果があります。アレルギーや自己免疫疾患にも用いられていますし、自己免疫力を高める効果が有るため外科治療後の補完療法としても取り入れられているのですよね。今後、ますます、ガンなどの補完療法として期待されていきそうですね。

オゾンは、体内でどんな反応をしているの?

血液クレンジングの効果としましては、まず、体内の酸化が挙げられます。貧血箇所の酸化が行われるのです。次に、血液の流動性の改善が挙げられますね。このことによって抹消循環が改善されるのです。そして、免疫機能の改善ももたらされるのですよね。細胞が活性化することで、抗酸化力のアップにも繋がります。そして、最終的には、私達にとって嬉しいアンチエイジング効果となって現れることが期待できるのですね。アンチエイジングは、健康の源です。

血液クレンジングはドロドロだった血液を医療用のオゾンガスで洗浄する事でサラサラにする効果があります。老化防止や健康改善の効果が期待できます。