シンデレラバストの方は

小さなバストのことをシンデレラバストと言いますが、豊胸手術をしたいと考えている人の中で、シンデレラバストに該当する人は、大胸筋下法という方法でインプラントを挿入することになります。拘縮しにくいテクスチャータイプを入れる場合もこの方法になります。元々の脂肪が少なくても、自然な仕上がりに見えるのが長所です。ただ大胸筋の下に挿入するのは三つの挿入法の中でも難しいので、実績のある医師が担当しているところでやってもらってくださいね。

バストの脂肪が少ない場合は

テクスチャータイプのインプラントを挿入しない人で、バストの脂肪が少ない場合や皮膚が薄い人の場合は、大胸筋膜下法という方法との相性がいいんですよ。これは大胸筋前方筋膜の下の方の、大胸筋の上にインプラントを挿入します。インプラントが浮き上がって見えないので、見た目も違和感がないですし、いかにも豊胸したというわざとらしさや違和感もほとんどありません。手術した後にバストが痛んだり、腫れることも少ないのも身体に負担がなくていいですよね。

バストが大きい人は

バストが大きい人向けの方法が乳腺下法です。名前の通り、乳腺の下に挿入します。大胸筋からは上の位置になりますよ。バストが垂れ気味の人にも適した方法です。やわらかい材質のインプラントを入れるのに向いていますから、表面がつるつるしたスムースタイプのインプラントを希望した場合もこの方法が選択されます。乳腺を傷めずに挿入が可能ですし、加齢で垂れてきたバストをツンとしたハリがある状態に戻すことができるんですよ。

美容整形に取り組むことで、全身の美しさを引き出すことが出来、コンプレックスの解消にも大きな役に立ちます。