有酸素運動と無酸素運動

運動をしてダイエットしようと考えたら、運動の強度に工夫をしましょう。運動には大別すると有酸素運動と無酸素運動があります。継続的に弱い負荷をかけ続ける有酸素運動は脂肪をエネルギーとして消費しやすく、ダイエット向きの運動です。それに対して無酸素運動は強度が高くて脂肪ではエネルギー補給が間に合わず、糖分やタンパク質がエネルギーとして使用されてしまいます。強度の低い有酸素運動を効果的に取り入れるのがダイエットのコツです。

心拍数と有酸素運動の関係

有酸素運動はただ弱い強度であれば良いというわけではありません。ゆっくりと歩いていてもカロリーは消費されますが、その大半は脂肪からのエネルギーではなくなってしまうでしょう。有酸素運動をして脂肪をエネルギーとして使用するためには適度な強度があります。その基準として持っておくと良いのが心拍数であり、測定できる器具を身につけて適切な心拍数を維持するようにすると効果的に脂肪を減らしてダイエットが実現できるでしょう。

ダイエットに適した心拍数

ダイエットに適した心拍数がどの程度かというのはいくつかの議論があります。簡単な計算方法として、220から年齢を引いて、その6割前後の領域にするというものが便利です。30歳の場合には114前後が適した心拍数になります。他にも最大心拍数と安静時心拍数から求める方法がありますが、それほど大きく値に差が出る人は多くありません。これで計算した値を参考にして、適切な強度で運動するとダイエットに効果が高いと覚えておきましょう。

フェアリーレシピは、美容やダイエットにぴったりの健康食品であり、食生活の中で足りない栄養素を補う上で役立ちます。